読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅プログラマーの憂鬱

Since 2013。個人でアプリ作っています。

iPhone動画カメラアプリは、撮ったファイルが自動で消えない

今作ってる動画カメラアプリですが、iTUNES Connectで申請まで終わって、やれやれ、ということで自分のiPhoneにローカルインストールして使っていたら、ストレージがいっぱいになったぞゴルァ!と怒られてしまいました。んなこたーないだろう!?とiPhoneのストレージ使用状況を見ると、何と私のカメラアプリが、数ギガにまで膨れ上がってるじゃないか!?ということで早速調べてみた。

このアプリは、明示的に「保存」しない限り、写真フォルダーに動画を保存しないつくりなのですが、それでも一時ファイルがどんどん残ってしまいます。なので消さないといけなかったのね。早速、申請を取り下げて修正をすることに。

//インスタンス変数として宣言
NSString *pathToVideo;

//録画が終わったら起動されるメソッド
- (void)imagePickerController:(UIImagePickerController *)picker didFinishPickingMediaWithInfo:(NSDictionary *)info {
    NSURL *videoURL  = [info valueForKey:UIImagePickerControllerMediaURL];
    pathToVideo = [videoURL path];
    _videoURL = pathToVideo;
    //PickerControllerを閉じる
    [self dismissViewControllerAnimated:YES completion:nil];
    
//   取った画像の再生
    NSURL *url = [info valueForKey:UIImagePickerControllerMediaURL];
    playerItem = [[AVPlayerItem alloc] initWithURL:url];
    [playerItem addObserver:self forKeyPath:@"status" options:0 context:&ItemStatusContext];
    [[NSNotificationCenter defaultCenter]
     addObserver:self
     selector:@selector(playerItemDidReachEnd:)
     name:AVPlayerItemDidPlayToEndTimeNotification
     object:playerItem];
    player = [AVPlayer playerWithPlayerItem:playerItem];
    [playerView setPlayer:player];
    //再生開始
    [player play];
}


//必要なタイミングでこのメソッドを呼び出す
-(void) deleteFile
    {
    //ここで録画したファイルを消す
    NSFileManager *fileManager = [NSFileManager defaultManager];
    if ([fileManager fileExistsAtPath:pathToVideo]) {
        NSError *error;
        // Attempt to delete the folder containing globalDel.videoPath
        
        if ([fileManager removeItemAtPath:[pathToVideo stringByDeletingLastPathComponent] error:&error] != YES)
        {
            NSLog(@"Unable to delete file: %@", [error localizedDescription]);
        }else{
            NSLog (@"消去成功");
        }
    } else {
        NSLog (@"消去失敗");
        
    }
}